銀行の返済金額について

親戚の冠婚葬祭が続いたので、すっかり貯金を使いはたしてしまいました。
給料日もまだまだ先だったので、生活費がなくて困っていました
会社の同僚に借りようかとも考えたんですが、お金に困っていることが知られると恥ずかしいので、金融業者から借金をすることにしました。金融業者から借金をするのは初めての体験だったので、すごく不安でしたが銀行なら金利も低く信頼できると思ったので申込むことにしました。銀行は審査が早いことでも評判が良く、即日で融資をしてくれるのも魅力でした。申込は自動契約機からおこないましたが、予想以上に審査が早くて驚きました。希望借入額も50万円以下だったので、必要書類も本人確認書類だけでよく、収入証明書は必要なかったので助かりました。
会社への電話連絡もありましたが、銀行の会社名で電話してこなかったので、周りに借金することが知られずにすみました。質問も短かかったので、すぐに在籍確認が終わって良かったです。金融業者から借入をすると、毎月の返済金額が気になりますが、銀行の返済方式は、残高によって返済額が変動する残高スライド元利定期返済方式でした。返済金額は、最終借りれ後の利用額によって決まります。
銀行の返済は、インターネットやATM、銀行振り込みでできるのでとても便利です。

住民税、いくらかかるのかご存じですか? | ZUU online
住民税や所得税は、個人の所得に応じて課税額が決定される税金であり、金額は収入からおおよそ見当をつけることができる。住民税の仕組みや計算方法を解説。再就職や (続きを読む)