子供の夏休みでこまっていること

困っていることは子供が夏休みで、子供の相手をするのに困っています、。まず、お昼ご飯です。3食すべて手作りをするのは手間がかかりすぎるのでパルシステムで冷凍食品を購入しておいて、子供のお昼ご飯にしています。しかたがないのですが、冷凍食品を使っているので食費がとてもかさみます。また、子供二人の好みが違うので、一人はそばを食べたいといい、一人はピラフが良いといい、お昼ご飯を決めるために、ケンカになることもしばしばです。
そのたびに仲裁しなくてはならなく、ストレスがたまってしまいます。また、食べる量も増えてきているので、おかわりに出すものにもなやんでしまいます。
コストコへいって、チョコクロワッサンを買ってきて、おかわりに備えたりしています。
二つ目の悩みは夏休みで子どもも私も運動量が減ってしまっていることです。私が子供の頃には、夏休みも学校のプールへ通うことができ、よい運動になりました。うちから、連れていける範囲に市営のプールなどもありません。
夏休みの平日は朝のラジオ体操くらいしか運動しません
子供は縄跳びが好きですが、外が暑すぎて縄跳びをすることもできません。週末だけ、主人と二人で子どもを外出に連れ出して少しは運動もしていると思います。また、子供に宿題をさせるのも一苦労です。作文などの宿題をがんばってやろうとするのですが、自分の力で文章を組み立てることができず、どこまで手伝っていいのかなやんでいます。読書感想文にしても、あらすじをかくことはできますが、全体的な本の主張にたいする、感想などはまだ自分ではかけません。かといって、感想の部分に大人が手を入れてしまうと、本人の読書感想文ではなくなってしまいそうで、できません。
また、せっかくの夏休み、平日も子供を楽しませるためにどこかに連れて行ってあげたくても、主人が通勤で車を使っているので、自転車だと、暑い中出かけられる距離は限られています。なんとか子供たちを楽しませることができるとよいなあと思案しています。

「借金はまだ6もある」/栗山監督
日本ハムは今季2度目の4連勝。日曜日は今季6連敗中だったが接戦をものにした。栗山英樹監督のコメント。 「それだけ(全体的に)勝ってないってことだよ…」と苦笑い。 「借金はまだ6もある。みんなで必死になって取りに行くだけ」。 先発メンドーサが危険球退場となり、 (続きを読む)